1. HOME
  2. ブログ
  3. 由布院100年の森を目指して

由布院100年の森を目指して

由布院の街を作ってこられた溝口薫平氏に、由布院の緑とこれからの由布院について伺いました。

溝口薫平(みぞぐち くんぺい)

株式会社玉の湯 代表取締役会長

1933 年生まれ。日田市立博物館勤務を経て、55 年より湯布院の自然保護、まちづくりに携わる。66 年、玉の湯旅館の経営に参加。サントリー地域文化賞、西日本新聞文化賞、大分合同新聞文化賞を志手康二氏、中谷健太郎氏とともに、また運輸省(現国土交通省)の交通文化賞を中谷健太郎氏とともに受賞。政府の「観光カリスマ百選」の第一弾 11 人の一人に選ばれる。湯布院町商工会長、(財)人材育成ゆふいん財団理事長などを務める。現在、(株)玉の湯会長(由布院 玉の湯)。2005 年春の叙勲にて旭日小授章受章。

德永 哲(とくなが さとし)

株式会社ランドスケープむら 代表取締役

九州芸術工科大学(現九州大学)卒業後、主に九州・沖縄地方の農山漁村地域の活性化へ向けたランドスケープ計画設計・マネジメントに携わる。2017年より東日本大震災被災地の復興へ向けたランドスケープ計画設計を展開する。
㈱エスティ環境設計研究所代表取締役、九州大学客員教授などを経て、現在株式会社ランドスケープむら代表取締役を務め、東京大学 生産技術研究所 リサーチフェロー、九州大学 学術工学部 非常勤講師、黒川温泉環境計画アドバイザーにも携わる。

由布院の成り立ちと「花水樹」

(徳永)まずは、由布院の自然とまちづくりについて伺いたいと思います。由布岳から由布院盆地へと流れる自然の地形を、どうまちづくりに活かしてこられたのでしょうか。

(溝口)別府から由布院の中間に、湿地帯で植物の宝庫と呼ばれる「猪の瀬戸」という地域があるんですが、そこが19070年頃にゴルフ場開発のターゲットになったんです。そこで「由布院の自然を守る会」を立ち上げ、開発に反対する意見を述べたんです。
しかし、由布院の自然を守る会メンバー以外の市民の方々は関心がなくどうも冷めている感じがしていました。仲良しが集まり「また騒いでいる」と、他人事のように思われていたのかもしれません。市民の方々が関心を抱くために、結成から1年で名称を「明日の由布院を考える会」へ変更しました。また開発推進派も現れ、相反する方との議論が熱狂して話をまとめるのに本当に苦労しました。
そこでもっと市民に状況を伝え、考えてもらうために生まれたのが「花水樹」という雑誌なんです。
花水樹の影響により、市民が由布院の今と未来に興味を持ち始めるきっかけですね。記憶を記録として残していったんです。

本多清六博士と由布院

(徳永)もう少し時を遡ると、本多静六博士が由布院にいらっしゃっていますよね。本多博士が見られた由布院というのはありのままの自然だったのでしょうか。または既に手が加わっているものだったのでしょうか。

(溝口)本多博士が来られたのは大正13年頃のことですから、きっと由布院はなにも手が加わっていない状態であったと思います。田んぼはあるけど、森にとっては荒れていて豊かな土壌ではありませんでした。日出生台演習場の影響で、河川工事等のインフラ整備が少しずつ整っていきましたが、それまでは誰も手も付けないような貧しい土地でしたね。本多博士が「まち全体が公園のようになっていくように」と、計画した時からもう100年になります。そしてその計画を参考に、私たちがヨーロッパ諸国やドイツのバーデンヴァイラーを視察し、市民へ伝えていったことが今の由布院の始まりと言われていますね。一村一品運動で知られる大分県の大山町(現:大分県日出町)が、先駆けて海外研修に行っていたのでとても参考になりました。海外で体験したことを、先ほどの「花水樹」で市民の皆さんに知っていただくんです。ヨーロッパ視察の計画や花水樹の発刊などは、映画のシナリオを書いていた中谷健太郎さんの閃きから企画が生まれ、夢想園の志手さんが編集、私が広報という役割で動いていましたね。

表裏一体となった由布院の街

(徳永)平成になり、バブルなど含めまちの風景が変わっていった時代だと思います。まちにとってどのようなことを大切にされてきたのでしょうか。(溝口)表と裏があるように「活気のある空間」と「ホッとする空間」をどう作るかですね。陽の場所と陰の場所、の両方を作らないと長く滞在できないし保養にならないと考えていました。当時の湯の坪街道は国際通りと呼ばれており、色々な国の人が交流する常に賑やかな「陽」の場所でした。一方で、湯の坪街道から一本外れた道に入ると、緑に囲まれてホッとする空間、「陰」の場所をどう作るかということを明確にし活動してきました。
まちづくりは本当に難しいことです。まちをきちんと整備していこうとすると、まち全体の力が落ちていくこともあります。まぜこぜの文化は意見がまとまらず効率が悪いかもしれませんが、それによって市民が切磋琢磨し、まちが活性化していくと全国津々浦々見て回り感じました。外の人からは「なんでこんなに由布院ってややこしいんですか」ってよく聞かれることがあります。由布院は賛成!反対!の声が絶えず起こるんですよ。意見をまとめる側や行政は大変です(笑)。ただ、その多様な風土がまちを活性化しているんだと私は思います。みんなが由布院のことを考えているという証ですからね。「多様」それでいいんじゃないかと思っています。ただ多様性は必要ですが、一番大事な景観や自然を壊さないということで、高さ制限14mで4階までといったまちづくり条例を作成しました。ヨーロッパの保養地を参考にルールにしたわけです。それによって強引な開発から、民意を反映した景観を守ってこられたのです。

由布院の街と緑

(徳永)由布院駅のホームの桜など、現在も植樹をしてまちに緑を増やされているそうですね。

(溝口)由布院の緑の象徴としてコナラやクヌギなど、地域で親しまれてきた落葉樹を中心に植えましたね。大分銀行湯布院支店のポケットパークにも植樹をしました。このように緑が広がっていき、本多博士が話された「まち全体が森林公園のような場所」になっていくといいなと思っています。皆さんにご理解いただいて、緑が街全体に広がっていって欲しいですね。玉の湯の土地は元々は田んぼでした。泥濘で温泉も溢れており、植物には適さない土壌だったので、木を植えるとどんどん成長が衰えてしまうんです。私は山に行くのが好きで、山の景観をたくさん見てきているので、水が少ない中で必死に根を張っていく土壌を敷地内につくろうと思い土を3m程入れ替える大工事を行いました。当時は皆さんからおかしくなったと思われていたようです(笑)。稲を植えて育てるのではなく木を植えるため、田んぼを潰しているわけですからね。自分の敷地内を少しずつ緑化することでも、由布院の緑のバトンを未来へ渡していけたらと思っています

関連記事